OTSUMA TAMA Junior and Senior High School

学校生活

2022年度 東北被災地訪問(2日目)

更新日時:2022年8月29日

2022年度 東北被災地訪問(2日目)

東北被災地訪問(2日目)

 2日目は朝9時に民泊の受け入れ家庭の方々とのお別れ会。生徒たちに感想を聞くと「とても楽しかった!」という声が多く、朝夕食べきれないほどのごちそうでもてなしていただいたそうです。一泊という短い時間でしたが、濃い交流ができたようです。出発直前まで受け入れ家庭の方との別れを惜しんでいる姿があちこちに見られました。


   

その後、陸前高田にある「ワタミオーガニックランド」へ。あのワタミが陸前高田の復興とSDGsの学習のために2019年にオープンさせ、現在も建設が続く菜園です。野菜の試食ではとれたての野菜のおいしさに生徒たちは大感動!環境循環についても学習を深めていました。
 

   

 午後は宮古市の田老で防災学習。田老は「万里の長城」とたとえられた防潮堤をもちながらも東日本大震災でも大きな被害をうけた町です。東日本大震災時はまだ小さい子供だった生徒たちが多くなる中で、参加した生徒たちは熱心にメモを取ってガイドさんの話を聞いている姿が多くありました。



 その後、本校が震災時から交流を続けている岩泉町へ。道の駅で岩泉をはじめとした岩手の物産をお土産にたくさん買い、日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」を見学して、ホテルに到着しました。
 盛りだくさんの内容の2日目でしたが、生徒たちはよく頑張っていたように思います。