大妻多摩中学高等学校

第75段

11月28日(日)に、毎年行われている『河口湖日刊スポーツマラソン』に参加してきました。この大会は私が初めて参加したフルマラソンの大会であり、今回で3回目の参加でした。この大会は世界でも屈指のリゾートマラソンとして知られていて、走りながら富士山を間近で見ることもできるし紅葉もちょうど見頃ということもあり、日本各地のみならず海外からの参加者も多くいます。今回は1万4千人もの市民ランナーが参加しました。

マラソン②実は、私自身は今年の9月以降まともなトレーニングが出来なかったこと、11月に風邪を引いてしまって体力が落ちていたことなどがあり、大会前日まで参加するかどうか悩んでいました。しかし、記録は二の次でいいからマラソンしながら見える景色などを楽しもう!と参加する決意を固めて、当日を迎えました。

マラソン③当日は天候にも恵まれ、絶好のマラソン日和でした。午前7時半のスタートの合図とともに皆一斉に走り出しました。私は最初の30kmくらいまではペースを落とすことなく順調に走り続けることができたのですが、トレーニング不足の影響からか途中で足がつってしまい、太ももとふくらはぎにものすごい痛みを感じるようになりました。途中でストレッチをしてもこの痛みは消えません。歩くことはできてもちょっと走ると足に痛みが走ります。仕方ないのでそれ以降はほとんど走らずに歩きながらゴールを目指しました。結局42.195kmのゴールにたどり着くのに5時間近くかかってしまいました。

マラソン④つい数ヶ月前にフルマラソンを走った時には4時間を切ることができたので、今回の結果に対する悔しさはあったのですが、前述の通りまともなトレーニングが出来ずに臨んだ大会だったので、無事にゴールにたどりつけたという達成感を味わうことができました。普段、私が顧問をしているサッカー部の部員達には試合の時などに「最後まで諦めるな」とよく言うのですが、私自身がそれを有言実行できたので、その点は良かったです。(※サッカー部の話はまた近いうちに書きますね)ただ、来年のこの大会では今回のような結果にならないよう、きちんとトレーニングをしてから大会に参加したいと思います。

数学科 信太