大妻多摩中学高等学校

第81段

1月17日は阪神淡路大震災の日である。実はその日が迫っていることを生徒に教わった。
 14日の金曜日のことだ。大妻多摩では放課後の掃除中に、日直や掃除当番が日付を次の登校日に書き換えることになっている。その時、17日に書き換えながら、その横に「阪神大震災の日」と生徒がさらっと書いたのである。
 「大切なことだね」とほめてあげればよかったのだが、私自身が忘れていたちょっとした恥ずかしさから、何もコメントしてあげられなかった。自分の至らなさを悔いると同時に、あの大惨事を心にとめておこうとする生徒が一人でもいることは素晴らしいと思った。
 修学旅行で神戸を訪れていることは決して無意味なことではないのだろうと、少し勇気を持つことができた。

井の中の高野聖