大妻多摩中学高等学校

第103段

 良い行事とは何か? 生徒が自らプライドをもって完成させていく行事だと思う。その役割をあまりにも教員が担うとかえって生徒の自立を奪ってしまう。

 このプライドが、主役である生徒側から出てくることが理想だ。教員はあくまで脇役である。先輩から後輩(もちろん生徒間)へと、行事に対するプライドが伝承されていくとその学校は「本物」だろう。

 教員は目立つことなく、黒子になる勇気を持ちたい。その先に自立した女性の成長があるはずだ。

 もうすぐ体育祭。競技だけではなく、結審係や用具係、召集係などで活躍する体育委員の姿もぜひ見て欲しい。各部署で少なからず大妻多摩の生徒は「本物」になりつつある。

井の中の高野聖