大妻多摩中学高等学校

第119段

 パソコンが新しくなった。今までより起動もはやく使いやすい。これはとてもありがたいことだ。立ち上がりが遅いと待たなければならずイライラすることも多かった。このことを解決してくれて感謝感激だ。

 でも少し自分をふり返り心配になった。ますます「待てない自分」「こらえ性のない自分」になっていくのではないか。解決は何事もはやいことが良いとされる。わからないことははやく知りたい。これは現代社会の「常識」だろう。だが、わからない事柄としばらくその状態・時間を共有することも大切なのではないか。

 パソコンが遅いとそれだけでイライラする。このことは、「わからない状態で待つ」という我慢ができなくなっていくことと同じだろう。。

 昔は「待てど暮らせど」なんて言葉があった。今や死語なのだろうか。はやいことは良いという「常識」に囚われず、ゆっくりと時間を過ごす良さも忘れないでいたい。

井の中の高野聖