大妻多摩中学高等学校

第172段

 整合性という言葉がある。どうも私はこの言葉に好感が持てない。なぜなら、物事をこの言葉で片づけることは、かえって「思考」を停止させてしまうように思うからだ。

辞書には「論理に矛盾のないこと」と書いてあった。これで議論を進めていくと「整合性」に勝てる反論はできなくなる。それはもはや「討論」である。自ずと「白か黒か」「YesかNoか」になる。

 日本人は昔から、「論理」ではなく「情緒」を大切にしてきた。生徒には「整合性」という麻薬にばかり頼ることなく、女性らしい情や心に自信を持って、社会に貢献する人物になってもらいたい。

井の中の高野聖