大妻多摩中学高等学校

第184段

 卒業生といろいろ話をする機会があった。その話のなかで、私が、学校では今こんなことをやっているなどと話をしたところ、卒業生がこう言った。
 「大妻多摩が進化していますね。」
在学していたときと比較すると、学校が様変わりしていると強く感じたようだ。
 また、ほかの卒業生は、ときおり本校のホームページを見ているようで、「いろいろと外にお出かけに行っていてうらやましいです」と感想を述べていた。「この企画もあの企画も私たちのときにあったら良かったです」とも……。
 まさに今、大妻多摩は「不易」なものを大切にしつつも、さまざまな挑戦をしているまっただ中にあるのだろう。
 今年は中学卒業研究の完成やトルコセミナーの始まりの年だ。文化祭では文化祭実行委員会も結成された。これからの大妻多摩が楽しみである。

井の中の高野聖