大妻多摩中学高等学校

3・11に寄せて 生徒会からのメッセージ

あの日からちょうど一年がたちました。
2011年3月11日、今までに経験したことのないとても大きな地震でした。当時、はじめは何が起きたのかわかりませんでした。
今回の震災で亡くなられた大勢の方々、その関係者の皆さん、心からご冥福をお祈りいたします。
 
 

3月11日の後、私達生徒会では今私たちに何が出来るのかを考え、まずは募金を行いました。その後、岩手県岩泉町の方と一緒に文化祭で物産の販売、そして冬休み中に生徒会役員8名で、岩泉町を訪問しました。そこで被災地の深刻な状況を改めて痛感し、現地でも、学校に帰ってきてからも様々な視点で支援できないかと考えました。
 学生という立場から、私達学生にしか出来ないことを出来たらいいと思っています。

一年がたった今も、震災の傷跡はまだ完全に癒えていません。今、私たちに何ができるのかを考え、日本全体で支えあっていくことが大切だと思います。
一日も早い復興を願っております。