大妻多摩中学高等学校

【校長室より】『ライオンキング』、サークル・オブ・ライフ

5332
出典:実写版映画「ライオン・キング」パンフレットより引用

「ナーンツィゴンニャーバギギババ」(“Nants ingonyama bagithi Baba”、「ライオンが生まれたよ」)という祈祷師ラフィキのスワヒリ語の高らかな歌声から始まる『ライオンキング』、アニメ、ミュージカルで誰でも知っているディズニー作品の超実写版の映画が上映中です。プライドロックの動物たちの王であるムファサとその妻サラビの息子であるシンバの誕生を告げるオープニングの場面、おでこに王子のしるしをつけられたシンバがラフィキに抱き上げられて動物たちにお披露目され目をぱちくりさせる感動的なシーンです。

From the day we arrive on the planet
And blinking, step into the sun    
There’s more to see than can ever be seen
More to do than can ever be done
There’s far too much to take in here
More to find than can ever be found
But the sun rolling high       
Through the sapphire sky       
Keeps great and small on the endless round

It’s the Circle of Life
And it moves us all          
Through despair and hope    
Through faith and love
Till we find our place
On the path unwinding
In the Circle             
The Circle of Life     

この地球に生を受けた日から
太陽の光はまぶしく
目に見えるもの以上のもの
できること以上のこと
はるかな神秘
奇跡が起こる
太陽は高く輝き
サファイア色の空を越えて
永遠の生命が刻まれる

生命の円環
すべての生物に流れるいのち
絶望と希望
信念と愛
自らの場所を見つけるまで
果てしない道
生命の円環
生命の円環

エルトン・ジョン作曲、ティム・ライス作詞によるあの有名な「サークル・オブ・ライフ」の歌詞です。(意訳)

誕生のその瞬間からシンバにはこの王国を引き継ぐ運命が課せられているのです。しかし、王の座を狙うムファサの弟スカーと彼を崇めるハイエナの群れの悪だくみにより、スカーにおびき寄せられたシンバがヌーの群れに襲われ、息子を救おうと駆け付けたムファサの死によってシンバの運命は大きく変わるのです。父の死は自分に責任があるとスカーに告げられ、王国を追われたシンバはイボイノシシのプンバアとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らとともに「ハクナマタタ」(「どうにかなるさ」)の現実逃避した日々を過ごします。どこからどこまでもアニメの『ライオンキング』と同じ筋書き(当然ですが)。でもムファサはじめシンバもキリンもフラミンゴも本物の動物と見間違えるばかりのリアルさ、しかしこれらの動物たちもアフリカの広大な風景もCGというから驚きです。彼ら動物たちは英語をしゃべったり歌ったりするのを見ると不思議な気持ちになりますが、それも最初だけで、ストーリーに引き込まれていきます。シンバの幼馴染のナラによって現実に引き戻されたシンバは、スカーによって支配され荒廃した王国に戻り、彼を倒し父の築いた王国を奪回し、生命は引き継がれるという結末です。

国王が弟により王座を奪われ、王妃は弟である新国王の妻になるが、国王の息子は父の死に不信を抱き、叔父である現国王に復讐するというのはイギリスの劇作家シェイクスピアの『ハムレット』ですが、ハムレットは、弟に毒殺されたと告げる父親の亡霊に出会い復讐を決意するのです。この大筋はまさに『ライオンキング』と同じ。ただし、『ハムレット』はほとんどの主要登場人物が死んでしまうという「悲劇」ですが、『ライオンキング』のテーマは「すべての命は引き継がれる」という自然の摂理です。それがよくわかるのは、「ハクナマタタ」と歌いながらのんきに暮らしているシンバの毛の一部が風に舞い、キリンの食べた葉っぱと共に消化され、糞となってフンコロガシに転がされているうち割れ、その中にあった毛が再び空中を舞っているのをラフィキがたまたま見つけ、彼女はシンバが生きていることを知るという場面です。またこの映画でも最近のディズニー映画での女性の役割を反映してか、危険を冒してシンバを探しに出かけるナラの勇気、スカーに反抗して決起するサラビ率いる雌ライオンたちの活躍がシンバをプライドロックの王として復活させるのです。

『ライオンキング』はもともとは1994年製作のディズニーアニメーション映画。この映画がジュリー・テイモア演出、ハンス・ジマー音楽、エルトン・ジョン作曲、ティム・ライス作詞で1997年にブロードウエイミュージカルとなり大ヒット、舞台上にプライドロックの大きな岩山を作り、仮面や衣装によってアフリカの動物や植物を表したテイモアの演出は1998年のトニー賞ミュージカル賞を受賞します。シンバの誕生が告げられ、動物たちが劇場のあちこちから姿を現し、劇場全体がアフリカのサバンナに変わる冒頭場面は衝撃的ともいえる感動で、何度見ても素晴らしいものです。超実写版という今回の映画は確かにどこをとっても素晴らしいのですが、ミュージカルを初めて観たときほどの感動は得られなかったというのが本音でしょうか。ミュージカルのムファサが死んだときの雌ライオンたちの嘆き、夜空に父の姿を見出すシンバの姿など感動的な場面がないのですが、動物の生態、アフリカの広大な土地、シンバとスカーの死闘を見るだけでも一見の価値があります。