大妻多摩中学高等学校

【校長室より】実写版『美女と野獣』エマ・ワトソン「最優秀俳優賞」受賞!

『美女と野獣』: エマ・ワトソン、「最優秀俳優賞」受賞!

美女と野獣番外①

5月7日、アメリカ、ロサンゼルスで開かれたMTV映画・テレビ賞(MTV Movie & TV Awards)はジェンダー平等を表明し、性別を分けた賞を廃止した、というニュースが飛び込んできました。今年は『美女と野獣』が映画部門の最優秀作品賞に選ばれ、主演をつとめたエマ・ワトソンが最優秀俳優賞(Best Actor Award)を受賞しました。アカデミー賞でも演劇のトニー賞でも、最優秀男優賞(Best Actor Award)とか最優秀女優賞(Best Actress Award)というように男女別々に賞が与えられていますが、このたびMTV映画・テレビ賞で史上初めて男優とか女優という性別をなくして「俳優賞(Actor Award)」という賞を制定し、ワトソンがこの賞の初の受賞者となったというわけです。フェミニストとして活動もしているワトソンが受賞したことは、映画界においても受賞者本人にとっても画期的なことです。

80年代以降、差別や偏見を取り除く用語の使い方、ポリティカル・コレクトネス(political correctness:政治的公正さ)を重視するようになった結果、例えばpolicemanはpolice officer、firemanはfire fighter、chairmanはchair personというように、性別を分けない呼び方に変わりました。つまり警官も消防士も議長も男性だけでなく女性の職業でもあるという認識からなのです。同様に、日本語でも看護婦は看護士、スチュワーデスはキャビン・アテンダント、保母は保育士というように、もともと女性の職業とされていたものが男性も就くということから、性別を問わない呼称に変わりました。日本でも最近は「女優」という呼び方より「俳優」というほうがよく使われているようです。

ワトソンは授賞式でまずこの賞について述べ、今回の受賞を誇りに思うと語りました。とても力強いスピーチなのでここに英文と日本語要約を載せておきます。

“The first acting award in history that doesn’t separate nominees based on their sex says something about how we perceive the human experience.......I think I am being given this award because of who Belle is and what she represents. The villagers in our fairy tale wanted to make Belle believe that the world is smaller than the way she saw it, with fewer opportunities for her—that her curiosity and passion for knowledge and her desire for more in life were grounds for alienation. I loved playing someone who didn’t lisen to any of that. I’m so proud to be a part of a film that celebrates diversity, literacy, inclusion, joy, and love the way that this one does.”

(性別によって賞の候補者を区別しない史上初の俳優賞は、私たちが人間の経験をどう理解しているかを表しています。...私にこの賞が与えられたのは、ベルはどういう女性なのか、またどういう存在なのかを演じることができたからだと思ってます。映画『美女と野獣』の中の村人たちは、彼らが住んでいる世界はベルが思っているよりも小さくてチャンスも少ないと彼女に信じ込ませようとしているのです。彼女の好奇心と知識欲、もっと充実した生活を送りたいという欲求が村の中で彼女を孤立させました。人の言うことを聞かない人間を演じるのは楽しいことです。多様性、教養、一体感、喜びや自立した生き方を賛美する映画の役を演じることができてとても誇りに思います。)

最後の行でワトソンが言っているinclusionは、福祉やビジネスの分野でdiversityと同じような意味で使われるようになった単語です。もともとは「包み込むこと、含めること」という意味ですが、最近では多様な個性の人々が支えあって社会に参加するということを指すようです。ここでは「一体感」と訳してみました。作品と主演したワトソンがこの賞を受賞したおかげで、ファンタジーというだけでなく別の側面から『美女と野獣』を見直すと、台詞や場面展開に新しい発見があるかもしれません。