大妻多摩中学高等学校

【校長室より】長所と短所

長所と短所

「人は生まれながらにして、大なり小なりの天分を持っていますと同時に、またそれぞれ短所ももっているものです」(昭和10年、『白百合』)

6月4日土曜日に見事な晴天のもと、今年度の体育祭が人工芝グラウンドで開催されました。
スローガンは“Girls, be ambitious!” (「少女よ、大志を抱け」) 入学したばかりの中学1年生にとっては大妻多摩での初めての、そして高校3年生にとっては最後の学校行事になります。学年は違っても思いはひとつ、最高の思い出にしようという意気込みが感じられる体育祭になりました。

長所と短所② 長所と短所③

 

行事のたびに感じることですが、生徒のみなさんは「本番」に強いんですね。場の緊張感と成功させたいという強い思いがそうさせるのでしょう。それにしてもみんな良く笑い、泣き、声が枯れるまで大声で声援するのにはびっくり!「ローハイド」、「唐木田渡し」、「台風の目」、「乗り越えろ」、綱引きならぬ「綱奪い」など大妻多摩では伝統の競技がありますが、どれも男子顔負けの勇ましさです。もちろん「体育祭」は全校生徒が全員参加するのですが、素晴らしいのは中学生の徒競走です。スポーツの得意な人も、苦手な人も、体育会系の人も、小柄な人も、生徒全員が参加する徒競走です。
 

長所と短所⑧
長所と短所⑥ 長所と短所⑦

 

そして圧巻は高校3年生の創作ダンス、無地のキャンバスが次々と様々な色に彩られていく。クラスごとの色別ではなく、一クラスの中に4色の色があって、つまり一クラスの中に4種類の振り付けがあったということになります。ダンス部やバトン部などのダンスを得意とする生徒がリードしてきたと聞きましたが、本番のパフォーマンスをみると、どの生徒も満面の笑顔で素晴らしいダンスを見せてくれて、さすが気合いの入った高校3年生は別格だと感じました。このようなチームワークが、これからの受験勉強を乗り越える糧となるのでしょう。
 

長所と短所⑨

 

指導してこられた体育科の先生方、真っ赤に日焼けしてグラウンドを走り回っていた先生方、そして全校生徒を引っ張った体育委員の方たち、ありがとうございました。この体育祭をはじめとして、秋には文化祭、冬には合唱祭が開かれますが、勉学以外にもそれぞれの得意分野を生かせる大妻多摩中学高等学校って、なんてすてきな学校なのだと思いました。