大妻多摩中学高等学校

東京ジャーミィ訪問&イフタル体験

7月9日(木)、高2の国際関係学ゼミ参加者の中での希望者7名で、今年も代々木上原にあるモスク「東京ジャーミィ」を訪問しました。

IMG_4301
目的はイフタルを体験すること。イスラム教徒は年に一度、ラマダンという断食月を迎えます。今年は6月18日から7月16日までの約一ヶ月。ラマダン中は日の出から日没まで飲食をしないのですが、日没を迎えると人々は家族や友人たちと一緒に食事をします。これを「イフタル」と言います。

「東京ジャーミィ」では毎年、ラマダン期間中のイフタルで、イスラム教徒に限らず訪問者すべてに分け隔てなく食事をふるまってくれます。2012年以来、毎年ラマダンの時期には生徒がイフタルを体験しに来ています。

IMG_4312
日没時間の7:06まではジャーミィの中を見学しました。
昨今の世界情勢もあってイスラムへの関心が高まっているのか、数年前より多くの学校が同じようにイフタルにあわせて訪問していました。