大妻多摩中学高等学校

Ms. Yamane Down Under〔第3回〕

Ms.Yamane Down Under

第3回「国の成り立ち」

いきなりクイズ:オーストラリアの首都はどこでしょう?

       (a) キャンベラ   (b)シドニー  (c) メルボルン  (d) ウロンゴン

 

ごきげんよう。いきなりクイズで始まった今回ですが、正解は(a)のキャンベラです。首都と間違われやすい(b)のシドニーは、オーストラリア最大の都市で、ニューサウスウェールズ州の州都でもあります。(c)のメルボルンはビクトリア州の州都、私が住んでいる(d)のウロンゴンはニューサウスウェールズ州で3番目に大きな街です。以下の図を見てみましょう。

2015Australia0427_04(https://quenya101.files.wordpress.com/2013/09/australia.pngを加工)

 

オーストラリアは大きく分けて6つの州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、西オーストラリア州、南オーストラリア州、タスマニア州)と準州である特別地区(ノーザンテリトリー)から成り立っています。首都キャンベラはオーストラリア首都特別地域にあります。

さて、最大の都市シドニーは、オーストラリアで最も古い街でもあります。第3回目の今回は、オーストラリアという国の成り立ちを少し紹介します。

大航海時代(15世紀~17世紀前半)になると、ヨーロッパの人々は太平洋探検に乗り出します。17世紀初頭にはオランダ人がオーストラリアに到着しますが、オーストラリアは「不毛の土地」と判断され、重要視されませんでした。その後、1770年にイギリスのキャプテン・クックがオーストラリアを「発見」します。彼はこの土地をイギリス領「ニュー・サウス・ウェールズ」と名付けました。

2015Australia0427_05

James Cook ジェームズ・クック(1728-1779, 通称キャプテン・クック)
(https://stjcomo4t2.wikispaces.com/file/view/captain_cook.jpg/340029794/captain_cook.jpgより)

 

 

イギリス政府がこの大陸の本格的な入植に乗り出したきっかけは、1776年のアメリカ独立です。イギリスはその植民地であるアメリカを流刑地としても使っていたのですが、アメリカが独立したことで、新たな流刑植民地が必要になりました。そこでオーストラリアに白羽の矢が立ったのです。

1788126日、入植者1,200名と囚人780名を乗せた船がオーストラリアに上陸し、その地はシドニーと名付けられました。現在では、126日は「オーストラリア・デー」として国民の祝日になっています。

以降、160,000人もの囚人がオーストラリアに連れてこられました。囚人だけでなく自由移民の移住も始まり、現在は州として別れている各地域が、それぞれ独立した植民地として発達していきます。19世紀半ばにゴールド・ラッシュが起きてからは人口が倍増し、オーストラリアの産業は発展していきます。

1901年には、バラバラだった植民地がまとまり、「オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)」が成立しました。事実上、イギリスからは独立しましたが、元首は英国王です。ちなみに「オーストラリア」という名は、ヨーロッパの伝説上の大陸、Terra australis incognita(ラテン語で「知られざる南の大陸」)に由来しています。

オーストラリアの国旗からは、その歴史が見てとれます。左上はイギリス連邦を示すユニオンジャック。左の大きな七稜星がオーストラリアの6つの州と特別区、右の5つの星が南十字星を表しています。それでは、今回はここまで。ごきげんよう。

2015yamane0509_03

オーストラリアの国旗
(http://freeaussiestock.com/より)

英語豆知識:ラテン語 terraは「地」に関係している英語によくでてくる。例えば、territory「領土」、terrain「(自然地理から見た)地域、地形」、terra cotta「テラコッタ」、terrestrial「地上の」。中2の英語の教科書に出てくる「E. T.」は extra-terrestrial、すなわち「地球外の」という意味(extraは「~外の」という意味を持つ接頭辞)。


※この連載で使用している画像は、山根本人が撮影した写真か、bing.comで「無料で共有および使用」もしくは「無料で変更、共有、および使用」のライセンスフィルターをかけて検索した画像です。