大妻多摩中学高等学校

トルコセミナー訪問先①サフランボル(その2)

サフランボルの街は大きなイメージとしてすり鉢のような形をした地形の街だと思ってください。
 
そのすり鉢の中心あたり、谷底の最も低い場所が旧市街、その外側の高くなった場所に新市街が、さらにその外側の高台に「バーラル」と呼ばれる住宅街が広がっています。
 
昔は、冬の寒い時期には暖かい旧市街で暮らし、暑い夏になると避暑のために涼しい「バーラル」に移動して暮らすという生活をしていたそうです。荷馬車に家財道具を積んで、一年に二度も家族で移動していたのです。ですが、もともと遊牧民族だったトルコ人にとってはそれほど大変だったわけではないようです。
 
旧市街には昔の街並みが多く残されています。石畳の両側にさまざまな商工業者のお店が並び、こじんまりした旧市街にはゆっくりとした時間が流れています。イスタンブールのような大都市とは対照的な街です。「サフランボルの人たちは犯罪のはの字も知らないだろう」とある人が言っていました。
イスタンブールのような大都市よりも地方に住む人々の方が人情味があるというのは、日本と同じかもしれません。

雰囲気のある旧市街の商店街
雰囲気のある旧市街の商店街

 

ナッツや香辛料などが並ぶ食料品店
ナッツや香辛料などが並ぶ食料品店

 

ランプや食器の並ぶ店。もちろん手作り
ランプや食器の並ぶ店。もちろん手作り

 

サフランボルでただ一軒になった靴職人の店
サフランボルでただ一軒になった靴職人の店

 
ゆっくりとした時間が流れる静かな旧市街を散策したりしながら、ホストファミリーとゆったりと交流してほしいという願いから、サフランボルを新たなホームステイ先として選んでいます。
 
街の郊外には豊かな自然が広がります。
大きな渓谷に水量豊かな川、緑の木々の森に、大きな鍾乳洞。渓谷の崖に張り出した、床がガラスの展望台(高所恐怖症の人は注意!)や、峡谷をまたぐローマ時代の水道橋。テュルクメン系の遊牧民族が定住したヨリュク村の伝統的家屋など。
そんな場所にもホストファミリーと一緒に訪れてほしいと思っています。もてなすのが大好きなトルコの人々のことですから、おそらくホストファミリーが誘ってくれるでしょう。

サフランボル郊外のトカットル渓谷
サフランボル郊外のトカットル渓谷

 

ヨリュク村ものんびりした風景
ヨリュク村ものんびりした風景

 

庭でチャイでも飲みながらホストファミリーと語らいを
庭でチャイでも飲みながらホストファミリーと語らいを

 
イスタンブールのような観光地がたくさんある大都市とは違うサフランボルは、ホームステイ先の街としては今トルコでもっともいい場所なのではないかと思っています。
またホームステイにあたってはホストファミリーにはまったく滞在費用を支払っていません。すべて彼らの善意で受け入れてくれることを最後につけ加えておきます。
 
次回はカッパドキアです。