大妻多摩中学高等学校

2014年度 中3 修学旅行(第3日目)

中学3年生修学旅行、3日目の様子をお伝えします。
今日は瀬戸大橋を渡り、四国、香川県に足を踏み入れました。

 

2014C3syugaku_ryokou1003_01 2014C3syugaku_ryokou1003_02

高さ108メートルの瀬戸大橋タワーから360度の眺めを楽しんだ後、瀬戸大橋記念館を見学しました。社会科の授業で事前に学習した内容と結びつくものがあったはずです。

瀬戸大橋遊覧船にも乗りました。約40分間、付近の小さな島々や、瀬戸大橋の見どころの解説を受けながら、瀬戸内海を旅しました。小雨がぱらつく中、残念ながら遠くの島まで見渡せるというわけではありませんでしたが、瀬戸大橋の下をくぐるという体験ができ、バスで渡る際には気づくことのできない発見がありした。

 

2014C3syugaku_ryokou1003_03 2014C3syugaku_ryokou1003_04

午後は打って変わって、暑いと感じられるくらいの晴天になりました。倉敷美観地区、班別自主研修には最適の日和です。

まずは大原美術館から出発です。エル・グレコ《受胎告知》やモネ《睡蓮》の前では多くの生徒がその迫力に吸い込まれるように立ち止まり、じっくりと鑑賞し、受けた印象を書きとめていました。

その後、美観地区を4~5人のグループで散策しました。川舟に乗り、倉敷川沿いを歩く友人たちに笑顔で手をふる生徒たち。蔵や町家の立ち並ぶ通りを巡りながら、土産品選びに悩む生徒たち。倉敷銘菓「むらすずめ」の手焼き体験をし、既製品とはちがう食感を楽しんだという生徒たち……。充実した2時間を過ごしたようです。

 

2014C3syugaku_ryokou1003_05 2014C3syugaku_ryokou1003_06

ここまでの三日間、体調を大きく崩す生徒もおらず、規律が大幅に乱れることもなく、学年教員より「おおむね良好」という評価をもらいました。今晩、そして明日の岡山城・後楽園見学をしっかり乗り切り、最後まで“すばらしい旅行”であることを願います。