大妻多摩中学高等学校

2014年度 中3 修学旅行(第1日目)

中学3年生、広島・岡山方面修学旅行の様子をお伝えします。

今日は1日目。新幹線広島駅に到着し、まず、平和記念公園へ向かいました。生徒たちは旅行前に、原爆症で亡くなった佐々木禎子さんについて学習し、学年全員で千羽鶴を折って来ています。原爆ドームや公園内の記念碑などを見学した後、原爆の子の像の前に、この千羽鶴を納めました。

 

2014C3syugaku_ryokou1001_052014C3syugaku_ryokou1001_012014C3syugaku_ryokou1001_02

 

平和記念資料館では、原爆による建物の被害状況や人体への影響などについて学習することができました。多くの生徒が、見学制限時間の間際まで熱心に見学し、メモをとっていました。
この後、被爆者の方の講話を聴きました。傷を負いながらやっとの思いで学校へ、そして自宅へたどり着いたご自身のこと、そしてそこで出逢った人々のことについてのお話は、資料館の展示物だけでは伝わらない、想像を絶する生々しいものであり、心に迫ってくる何かがありました。原子爆弾について、平和について、考えを深めることができたようです。

 

2014C3syugaku_ryokou1001_03

見学後は、宮島の宿舎へ向かいました。フェリーから厳島神社の鳥居を見つけた時には、歓声が挙がりました。けが人や体調を崩す生徒もおらず、元気に夕食を迎えることができ、明るい夜を過ごしています。

 

2014C3syugaku_ryokou1001_04

 

明日は厳島神社を見学した後、呉の大和ミュージアムへ向かいます。天候に恵まれることを祈ります。