大妻多摩中学高等学校

トルコでのコミュニケーション

日本で「トルコは何語ですか?」という質問をよく受けました。トルコ人はトルコ語を話します。
トルコ語は日本語と非常によく似ています。日本語とトルコ語の起源は同じだという説もあります。そのため、日本人がトルコ語を学ぶ、逆にトルコ人が日本語を学ぶのは、他の言語を学ぶのに比べて比較的容易だと言われています。

私は今、在日トルコ人から厚意で借りている家に、その方の義兄と一緒に生活しています。名前をAliさんと言いますが、元トルコ軍の将校で見た目はブルース・ウィリスそっくりです。元軍人だったためか、初めて会った時からしゃべりも行動も速い。私がそれほどトルコ語が上手くないのを知っていてもベラベラとまくし立てるように話してきます。
それについていくためには、当然ながらトルコ語の力を上げるしかありません。毎日、未知の単語をノートに書きとめ、意味調べをしています。ある程度の文法が分かれば後は単語の勝負だというのは、英語や古文の長文読解にも似ていますね。

さて、トルコではみなトルコ語を話しているのは当たり前なのですが、多くのトルコ人は英語も話します。それはトルコの学校では英語教育が熱心に行われているからです。

私も大学ではさすがに教授たちとの難しい会話をトルコ語でできるわけではないので、つたない英語で会話をしています。イスタンブールでの生活といっても場面によって日本語・トルコ語・英語を使い分けます。

在籍する大学の緑豊かなキャンパス
在籍する大学の緑豊かなキャンパス

 
トルコセミナーではトルコ人の家庭にホームステイしますが、その際にはトルコ語・英語・日本語を駆使して会話をしてください。この春休みに神奈川のある女子高がトルコへの修学旅行でホームステイをしましたが、みな片言のトルコ語、英語を使い、さらには電子辞書やスマホの自動翻訳機や『旅の指さし会話帳』まで使ってコミュニケーションをとっていました。大変ですが、感想には「言いたいことが伝わった時の喜びは大きく、話そうとする意欲が大事だと思った」とありました。
ちなみにさきほどトルコ語と日本語が似ていると言いましたが、そのためかトルコ人が英語で間違える点は、日本人が英語で間違える点と同じらしく、日本人とトルコ人の英語での会話は意外と通じるようです。

英語の学習を主目的としたイギリスセミナーとは違い、トルコセミナーは非西欧の、イスラム圏の異文化体験を目的としたセミナーで、語学習得が目的ではありません。しかし、今のグローバル化した世界では、ある場面では英語を使ってコミュニケーションをとることもまた事実です。

英語も大事、でも欧米中心の価値観だけでもダメ、そういうバランス感覚をトルコセミナーを通じて身につけてほしいと思います。

私の面倒を見てくれるアブドラ先生とチャイを飲みながら
私の面倒を見てくれるアブドラ先生とチャイを飲みながら