大妻多摩中学高等学校

2013年11月16日(土) 中2 学年レク〔ミニ運動会〕

11月16日(土)の3・4限に、中学2年生はミニ運動会を行いました。
これは、10月に就任した各クラス3名の後期学級委員が、学年全体での親睦を深めるためのレクリエーションとして企画したものです。クラスを越えた交流を行うために各クラスがほぼ均等な人数になるようにチーム分けをする、競い合うのではなく親睦を深めるのが目的なので全チームに参加賞を用意する、など、学級委員は今回のレクリエーションの意義を自分たちなりによく考え、企画を組み立てていきました。
当日、2階体育室は即席のミニ・アスレチックフィールドになりました。障害物競走の始まりです。

2013C2mini_undoukai001

 2013C2mini_undoukai002

 

① まずは、ほふく前進でバーの下をくぐります。→

 

2013C2mini_undoukai0032013C2mini_undoukai004

 

← ② 次に、ラケットを頭に当てて5回まわってから、
平均台を渡ります。

 

 

2013C2mini_undoukai005

 

③ 続いて、ラケットを使って風船を運びます。→

 

 

2013C2mini_undoukai006

 

 

← ④ 最後に、バスケットボールでドリブルをして、次の走者にバトンを渡します。

 

 

リレーが始まると、体育館は自分のチームを応援する生徒たちの声であふれていました。驚異のスピードでほふく前進する走者にも、目が回ってなかなか平均台が渡れない走者にも、等しく温かい声援が送られていました。
アンカーは最後のドリブルが「借り物競走」に替わります。条件に合う生徒を探す走者。それにすぐ答えるチームメイトたち。チームの団結がより深まったように見えました。

障害物リレーの後は、ドッジボール大会です。こちらも、チームで協力して大いに盛り上がっていました。

2013C2mini_undoukai007

 最後に、チームで協力した証として、一人一人にチームカラーのシャープペンシルが学級委員より配られました。

全体として、笑顔と笑い声の絶えない、楽しい2時間となりました。学級委員の目指した「クラスを越えた学年での親睦を深める」は十分達成できたのではないでしょうか。

2013C2mini_undoukai008

今回のミニ運動会を行うにあたり、学級委員はさまざまなことを学びました。企画の立て方はもちろん、必要な備品を準備するための段取り、細かなルールの調整、役割分担、など。いずれも、社会に出たときに必要なことです。学級委員にとっても、良い経験となったレクリエーションだったと思います。