大妻多摩中学高等学校

2013年度 国際関係学ゼミ 外務省見学

国際関係学ゼミ 外務省見学

9月17日(火)、文化祭の代休を利用して、国際関係学ゼミを受講する高校2年生の希望者12名は、外務省を見学しました。まずは物の外にある陸奥宗光像の説明をいただき、続いて記者会見室、中庭、国際会議室と同時通訳ブースを見学した後に、職員の方から、外交官になるには、また外交官としての仕事内容や、現在担当されているロシア、北方領土問題についてお話をうかがいました。

日本文化を伝える広報活動から、国境問題解決を探る仕事まで、日本の代表として、国を守っていくという使命を持って仕事に向かわれている職員の方のお話に、生徒たちは時にうなずき、メモをとりながら、真剣に耳を傾けていました。
質疑応答の時間には、国際関係学ゼミを通して自分で調べて学んだ問題について、直接関わる方に多くの質問ができました。さらに考えを深め、新たな視点を得る、貴重な体験になったことでしょう。

秋晴れのさわやかな空の下皇居外苑を歩きながら、見学を終えた生徒たちはすがすがしい表情で充実した1日を終えました。

国際関係学ゼミ 外務省見学2国際関係学ゼミ 外務省見学3

国際関係学ゼミ 外務省見学4国際関係学ゼミ 外務省見学5

さらに希望者9名は日本トルコ文化交流会主催の講演会「紛争地に選択肢をつくる:平和構築の取り組み」に参加しました。
講師の瀬谷ルミ子氏は、Newsweek「世界が尊敬する日本人25人」やAERA「日本を立て直す100人」に選ばれ、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演された、国際紛争予防の専門家です。
生徒たちは熱心にメモを取り、講演会後の懇親会でも瀬谷さんを囲んで多くの質問をしていました。