大妻多摩中学高等学校

ツマタマ生き物図鑑「ナミテントウ」

ナミテントウ 6月12日 登校中の学園通りにて

 

ナミテントウ HP用

 
 
月火と大雨が降った後だったので流石に虫はいないだろうと思っていたがこのナミテントウだけ見つけることができた。
 
発見した時の私は黒字で赤の斑点模様なんて珍しいと気分が高揚していたが調べてみるとナナホシテントウ虫よりもメジャーだとか…
こんな小さな虫も頑張って生きているんだなと感じ私も弱音を吐かずに頑張ろうと思った。


甲虫目カブトムシ亜目 テントウムシ科
テントウムシ亜科
大きさ 4.7-8.2mm
時 期 3-11月
分 布 北海道・本州・四国・九州
住宅地から山地まで、どこでもごく普通に見られる。成虫も幼虫も植物に付くアブラムシを食べる肉食性。人家の庭などではナナホシテントウより多く、うまく定着してくれれば農薬の変わりになる益虫。成虫で冬を越す。