大妻多摩中学高等学校

【留学便り】ニュージーランド留学レポート from 小平さん

こんにちは!私たちがニュージーランドに到着して3週間が経ち、少しずつ異なる生活環境に慣れて来ました。ここでニュージーランドの文化と機械と私の通っている学校であるマリストカレッジを紹介したいと思います。

Kia ora!
Three weeks have passed since I arrived at New Zealand. Little by little, I became used to the different environment. I will introduce interesting culture and machines in New Zealand and Marist College now. Marist College is my school.

[Culture]

まず、多くのニュージーランドの人は家の中で靴を脱ぎません。それに加え、彼らは裸足で買い物に出かけたりすることがあります。私は日本でそんな光景を見たことがありませんでした。だから、私はこの行動に少し不快に感じていました。しかし今では文化の違いを受け入れ、気にすることなく過ごしています。もし私が毎日裸足で歩いていたら、私の足の皮はもっと強くなったのかなと思ったりもしました。次に、ニュージーランドの電力はとても高価です。私がコンセントにプラグを差した後、いちいちコンセントのスイッチを入れる必要があります。少し面倒です。そして、彼らは毎日シャワーを浴びません。しかもシャワーを使うのは5分から10分ほどです。最初は驚きましたが、今ではとても早くシャワーを浴びられるようになりました。
他にも多くの発見をしていきたいです。

First, most New Zealand people don’t take off their own shoes in their own home; in addition, they sometimes go shopping barefoot. I have never seen it in Japan, so I felt this action a little uncomfortable. But I could feel the cultural gap. I thought If I was walking barefoot every day, my foot skin would be stronger. Second, New Zealand’s electricity is very expensive. After I put a plug in an outlet, I need to switch it on. It’s a little troublesome. Then they don’t use the shower everyday and use the shower from only 5 to 10 minutes. At first, I was surprised. I became to take a shower very fast now.
I want to find more cultural gap.

[Machine]

私は日本で見たことのない機械をたくさん見つけました。
まず、それは車のスピードを測ることができる機械です。それは道の側にあります。もし運転手がスピードを基準より上回っていたら、人々はすぐに気づくことができます。だからより注意深くなるだろう。この機械は年配の人々にとって大切だと思います。
2つ目に15秒でパイナップルの皮をむく機械です。それはスーパーマーケットの中にあります。とても速くて面白いです。多くの日本人はこれを必要ないと考えるかもしれないけれど、遊び心のある機械があるのもいいと思いました。
最後に、効率的に仕事をこなせる機械です。それはマクドナルドの中に何台も置いてありました。私たちはその機械でメニューの注文と支払いを行うことができます。好きな具材を選び、アレルギーの食材を抜くこともできます。私たちがメニューを頼んだ後、その内容が厨房に送られます。そして店員が作るという流れです。人件費を削減でき、その上とても便利です。日本でもこの機械を導入するべきだと思いました。

マクドナルドの店内
20190213ニュージーランド留学小平さん1

I found a lot of machines which you can’t see in Japan.
The first machine can measure a car’s speed. It is on the side of the road. If the driver is over the speed, people can notice soon, so they will drive very carefully. I think this machine is important for elderly people.
The second machine can peel a pineapple in 10 seconds.it is in the supermarket. It is very fast and interesting. Most Japanese people may think it is not necessary. But I think it is a good thing to have a machine with a playful spirit.
The last machine can increase working efficiency. It was in McDonald’s. We can use it to order menus and pay. We can choose favorite ingredients and pull out allergy food. After we ordered menus, the contents of menu are sent to the kitchen. Then clerks make it. So, we can reduce personnel expenses. It is very useful. I thought we should adopt this machine in Japan.

[School]

私はニュージーランドのオークランドにある、マリストカレッジという学校に通っています。1学期は2月1日から始まりました。私の学校はハリーポッターのように4つのグループに分かれていて、それをハウスと呼びます。それらのハウスの名前はChampagnat, Canel, Chavoin, Colinです。私のハウスはColinでハウスカラーは緑です。そして、私たちはハウスの中で複数のグループに分かれています。それらのグループをWhanau group と呼びます。Whanauとはマオリ語で家族という意味です。1つのWhanau GroupにYear7からYear13の生徒がいます。彼らみんなとても仲がいいです。そして、月曜日、火曜日、木曜日にWhanau Groupで朝礼を行い、水曜日、金曜日に全校生徒で朝礼を行います。日本のように土曜日に学校はありません。そして、クラスルームもありません。毎日5限までで、1つの授業は1時間です。そして、2つの休み時間があります。1つ目の休み時間ではお菓子を食べ、2つ目の休み時間では昼食を食べます。多くの生徒は部活に所属していないので最後の授業が終わった後すぐに帰宅します。

20190213ニュージーランド留学小平さん②

My school is Marist College. Term 1 started on February 1,2019. My school is separated into four houses like in Harry Potter. These houses’ names are Champagnat, Chanel, Chavoin, and Colin. My house is Colin. The house color is green. And we are divided into several groups in this house. These groups are called Whanau Group. Whanau means “family” in Maori language. Year 7 to year 13 students belong to Whanau Group. They are on very good terms. We do morning assembly on Monday, Tuesday and Thursday in our own group. And on Wednesday and Friday we do morning assembly with all students. We don’t have school on Saturday like in Japan. And we don’t have homeroom classroom. One lesson is one hour. We have five classes every day, and two break time. We always eat snacks in BREAK 1 and have lunch in BREAK 2. Most student don’t belong to club activities, so we return home soon after we finish the last class.

2月11日はアスレチックデーでした。天気が良くとても暑かったです。それは日本でいう体育祭です。しかし、団体競技は無く、すべて個人競技です。私たちは自分のハウスカラーの色のTシャツを着ます。留学生とyear13の生徒はyear13の生徒がデザインしたTシャツを着ました。そのTシャツの背面にはColinとプリントされています。そして、他の生徒の服装はとても個性的で格好良かったです。競技では私たちは2つの部門から選ぶことができました。ただ楽しむだけの部門とタイムを競う部門です。私たちは楽しむ方の部門に参加しました。私は幅跳びと高跳びと砲丸投げと徒競走をしました。多くの生徒たちは真剣にやるのではなく、楽しんでいました。徒競走のときの走り方は自由でスキップをしている生徒もいました。日本の体育祭とは違うけれど、私は友達と楽しむことができました!

20190213ニュージーランド留学小平さん3

February 11 was Athletics Day. It was a very hot day. It is like a sports festival in Japan. But it doesn’t have team sports. All competitions are individual games. We wear our own house color clothes. International students and year 13’s students wore T shirts designed by year 13’s student. The T shirts has the word Colin printed on the back. It is so good. The clothes of other students were very unique. So cool! In the competition we could choose from two departments. The first one is just for fun. You compete in the second one. We joined just for fun. I did the long jump, high jump, shot put, and running. Most students are not serious because it is just for fun. How to run when running was free. Some students were skipping. It was different from the sports festival in Japan but I enjoyed it with friends!

私は残りの時間を大切にし、たくさんのことをこれからも学びます。新しい友達ももっと作ります。そして、たくさんお土産を買って笑顔で日本に帰ってきます。もちろん成長しているはずです。
私のレポートを読んでくださりありがとうございました!!!

I will cherish the rest of the time and learn many things. I will make more new friends. Then I will buy a lot of souvenirs and return to Japan with a smile. Of course, I should have grown up.
Thank you for reading my report :D