大妻多摩中学高等学校

宇宙物理学者への訪問インタビュー

20180801_宇宙物理学者へインタビュー①

7/25(水)に宇宙科学研究所所属で「はやぶさ2」のプロジェクトにも携わられている先生のところへ、本校の2名が訪問インタビューに行って参りました。

生徒のうち1人は卒業研究のテーマである土星の衛星エンケラドスについて、以下のような質問をしていました。

①土星の衛星は50以上あると言われている中で、何故エンケラドスだけ生命体が存在すると話題になっているのか?
②エンケラドスにあるプリュームで、地表が積もっていくことはないのか?

他の1人は宇宙工学を学ぶにあたっての心構えについて、以下のような質問をしていました。

①海外の大学に進学した場合に、今やっておくべきことは何か?
②日本と海外の大学の違いは?
③研究者の生活はどんなものなのか?

いずれの質問にも先生は親切に分かりやすく答えて下さいました。
今後の彼女たちの学びの強い動機付けになったことでしょう。

この場を借りて、インタビューに応じて下さった先生とアテンダントの方に深く感謝したいと思います。
ありがとうございました。

エンケラドスについて解説中
先生の背中には「HAYABUSA2」の文字が!