大妻多摩中学高等学校

【ラクロス部】クラブ活動-ラクロス部 最新情報(2018年4月9日)

国際交流戦(日韓台高校生交流戦2018)

3月23日(金)大妻多摩中学高等学校全校共用グランド(人工芝グランド)に、台湾から女子ラクロスチームが来校しました。
 

20180402ラクロス部_国際交流戦①

 
日本ラクロス協会が主催する日韓台高校生交流戦2018の一環として、台湾と韓国から高校生女子ラクロスチームが来日し、日本の中高生ラクロスチームと交流試合を行いました。
 
本校へは台湾チームが来校し、台湾チームの要望により、最初は合同練習を行い、その後交流試合を行いました。
台湾チームには全17人が所属していますが、この人数が台湾で現在女子ラクロスをプレーしている全ての人数になるそうです。台湾は日本よりもずっと温暖な気候であるため、ラクロスのような屋外でプレーをするスポーツはあまり盛んではないそうです。それにも関わらず、また競技人口が少ないにも関わらず、ラクロスをプレーすることを希望し、尚且つ日本まで武者修行に出かけるという気概に感銘を受けました。ただ単に練習を学んで行うという受動的な姿勢に終始せず、自分達の行っている練習内容が他国のチームに対してどこまで通用するかを確認し、それを見極め、更にそれを持ち帰って磨き上げるという能動的な姿勢を台湾チームは持っていました。
 
アジアではラクロスは日本以外では、韓国・台湾・香港・タイで行われているようですが、日本以外では競技人数が本当に少なく、まだまだ発展途上であるという事実はあります。世界的にラクロスというスポーツの人気が高まってきていますが、アジアレベルではまだ認知度が低いことは変わりありません。そのような状況の中でも、ラクロスというスポーツを自主的に選択し、自分の国で競技人数が少ないので、他国にまで出向き挑戦するという意欲はとても印象深いものがありました。
 

20180402ラクロス部_国際交流戦②

 
昨年の11月にも来日をしていましたが、本校は丁度日程的に試験前ということもあり、交流が出来ませんでしたが、今回は交流することが出来ました。言葉はもちろん通じませんが、片言の英語やジェスチャーを交えて生徒達はコミュニケーションを図り、またラクロス用語は共通なので、お互いに楽しくラクロスをプレーすることが出来ました。
また近日中に来日する予定であるようなので、是非今後もこのような国際交流は持続していきたいと思います。