大妻多摩中学高等学校

【中2】高校3年生による卒業研究発表

高校3年生による卒業研究発表

20180224中2学年集会①

2月24日(土)4限学年集会において、高校3年生3名の卒業研究を聞く機会をもちました。高3の3名は、先日の卒業研究発表会で話した内容を中2に向けてわかりやすくまとめてくれました。

「バイオミメティクス」「人間生活と磁気感覚」「日本の格差社会における貧困問題」というテーマで、いずれの研究内容も書物やネットの情報だけでなく、実際に自分で調べた結果が盛り込まれていました。また、姿勢、話す間の取り方、視線の向き、声の大きさなどが聞き手に伝わりやすいように工夫されていました。

中学2年生が朝礼時に行っている1分間スピーチでは、原稿を目で追い、聞き手を見ないで話しがちです。今日の発表を見て、スピーチはどこに注意を払って行わなければならないのかを意識できたことでしょう。

そしていよいよ中学3年生では中学卒業研究を完成させます。今日の発表を聞いて、これからどういう調べ方をし、どこまで深めていかなければならないかを学ぶことができました。それを今後に生かしていって欲しいと思います。