大妻多摩中学高等学校

【教員つれづれ草】第241段

 人と話をする時、私はあまり相手の目を見ていないかもしれない。基本的に人見知りするタイプ(笑)なので、ふと目線を避けるのだろう。ちゃんと目を見て話さなければと思いつつも、そらしている時がある。

 もしかしたら、このことで相手(生徒)に悪い印象を与えてしまっているのではと少し気にしている。目を見ていないことから、「この人(先生)は私に関心を持っていないのでは」と疑心暗鬼にさせていたとしたらかわいそうである。教員失格かもしれない。

 生徒はよく教員を見ている。ちょっとした仕草や目線そして言葉がけで、少なからず影響を受けるものだ。 

 心理学者のカール・ロジャ-スがこんなことを言っている。

 「自分について関心を持たれている、大切にされている、理解されている、愛されている、と実感したとき、人は自己成長力を発揮する」

 肝に銘じておきたい。

井の中の高野聖