大妻多摩中学高等学校

平成24年5月12日(土) 学校朝礼

「お元気でいらっしゃいますか」と問いかけられると、意識せずに「はい、おかげさまで…」と返事をする人は多いと思います。問いかけた人の力によって自分の健康が特に保たれているというわけではありませんが、無意識に出てくる言葉です。

では、何に対して感謝しているのかといえば、自分に関わるあらゆるものが「おかげさま」の対象となります。目に見えるものだけに限らず、目に見えないところからも何か大きな力をいただいていると思うことは昔から日本人の精神的な土壌となっているのでしょう。

これはとてもすばらしい日本人の精神的財産です。自分が常に中心にいなければ気が済まなかったり、人の意見に耳を傾けず、自分の考え方にとらわれている人が増えている昨今、特に大切な心であると思います。すべてのものはただそれだけで独立して存在しているのではなく、互いに関わり合い、支え合って存在しています。

種籾は多くの稲穂を実らせる可能性を持っていますが、そのままでは実らずいつまでも可能性止まりです。人が手をかけて苦労して育て、さらに自然条件に恵まれてようやく実ることができます。原因を結果へと導いてくれる働きや条件などを縁と言いますが、私たちも縁によって今があります。その縁に感謝しつつ日々を過ごしたいものです。

舩橋教頭

教頭 舩橋 邦章