大妻多摩中学高等学校

英国セミナー その1

大妻多摩高等学校第19回英国セミナーは、平成24年7月15日(日)~30日(月)まで、高校1年生40名が参加し行われました。生徒が一人及び二人となってホームスティをしたチェルトナム市は、コッツウォルズ地方の中心に位置し、緑と花に満ち歴史のある、とても美しい街です。

私達は、成田より凡そ12時間飛行機に乗り、ヒースロー空港からバスで2時間ほどでチェルトナム市に着きました。26組のホストファミリーの人々は、本当に温かな笑顔で私達を迎えてくれました。語学セミナー世話役のコッツウォルズ・ウインド・アカデミー株式会社代表の吉元氏の「皆さん、いい方ですから、大丈夫ですよ。」という言葉に私は安心を致しました。生徒達からは、「英語ができるようになりたい。自分を向上させたい。」という意欲的な姿勢がひしひしと感じられました。私は、生徒達が親鳥のもとを飛び立つ雛鳥のように思え、頑張ってほしいという気持ちが涙となって、溢れてきました。

ホストファミリーの方々は、生徒がグロスターの語学学校へ通うための集合・解散場所へ、朝は午前8時30分までに、帰りは午後5時30分までにそれぞれのお仕事やお子さんのご都合もおありかと思いますが、毎日正確に、そしていつも笑顔で送り迎えに来て下さいました。優しい笑顔と誠実な人柄は、ゴミの落ちていない美しい街から生み出されるのか、お人柄が美しい環境を創り出すのかと思いをめぐらせました。

常盤 主幹

主幹 常盤直美