大妻多摩中学高等学校

Good bye, Bejas! さよならベンジャス先生!

2月までで、英語科ALTのベンジャス・モラト先生が他校へ異動されることになりました。生徒の皆さんは、全員が教わったわけではありませんが、授業を受けた生徒の中には、悲しかった人も多かったと思います。ベンジャス先生はフィリピン出身で、本校ではアジア圏からお迎えした初めての女性教師でした。今やリンガフランカ、世界共通語となっている英語は、実は母国語として話す人よりも第2言語や外国語として話す人の方が多いのが実情です。本校があえて、ベンジャス先生に来ていただいたのも、そのような英語の使われ方を皆さんに感じてほしかったのも理由の一つでした。2年間でしたが、CALL準備室でマーク先生も入って3人で色々な話をしたのが思い出されます。毎日、埼玉から長距離を通われていましたが、いつも明るく元気に接して下さったので、個人的にも話しやすいネイティブの先生でした。常夏のフィリピンでは想像もつかない唐木田の寒さに驚かれていた顔が、懐かしく思われる日がすぐに来そうです。次の学校でも変わらず愛される先生でいてほしいと願います。

ベンジャス先生から大妻多摩の生徒の皆さんにメッセージをいただきましたので、以下に載せます。

ベンジャス先生

ベンジャス先生

To all the inspiring teachers, diligent staff members, and industrious students of Otsuma Tama, heartfelt thanks for the wonderful two years full of good memories. To all my wonderful students, thank you for the active participation, energy and enthusiasm that have filled the four corners of education with either furrowed brows or a smile on the face. Thank you for letting me be a part of the Otsuma family. Until next time!

 

Benjas Morato

 

ありがとうございました。またどこかでお会いするのを楽しみにしています。

英語科 伊藤 正彦