大妻多摩中学高等学校

台風10号で被災された岩手県岩泉町の方々に心からのお見舞いを申し上げます。

台風10号で被災された岩手県岩泉町の方々に心からのお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。岩泉町の一日も早い復興を心より願っております。

大妻多摩中高では東日本大震災以来、震災で被害にあわれた岩泉町との交流を続けてきました。生徒会を中心に有志の生徒たちが毎年岩泉町を訪れ、地元の小本中学校と合同合唱コンサートやバレー部合同合宿をしたり、地元の方々と交流をしてきました。今年も16名の生徒が岩泉町を訪問し、地元の方たちと一緒に料理をしたり、キャベツの種を植えたりブルーベリーの収穫をさせていただきました。また宮古市田老町の震災遺構も見学し、ボランティアの方から震災時のお話しを伺いました。毎年欅祭のときには岩泉町の方たちが「岩泉露店」を開いてくださり、龍泉洞の水、特産の「飲むヨーグルト」や岩泉町の物産などは来校者に大評判でした。

8月30日夜に上陸した台風10号は岩泉町を直撃、翌31日の早朝には小本川が氾濫し、町内の広い範囲に渡って大きな被害がもたらされました。テレビのニュースで刻々と知らされる被害に、私たちは岩泉町で出会った方たちの無事をただただ祈るだけでした。多摩中高ではただちに岩泉町の伊達町長にお見舞いの電報を打ちましたが、国道や県道は分断され郵便車は通行止めにあい配達できないとの連絡がありました(電報は9月3日に無事先方に届けられたそうです)。手を尽くして情報を集めた結果、岩泉産業開発のFacebookの写真から、私たちがいつも訪れている「道の駅、いわいずみ」が被害を受けたことを知りました。また岩泉乳業もタンクが壊れ、「飲むヨーグルト」も販売中止とのこと、9月4日の朝日新聞には「『岩泉ヨーグルト』被災で製造できず」という記事が掲載されました。また、岩泉町訪問のあとにいつも訪れている日本三大鍾乳洞の一つである「龍泉洞」も水没、入り口から大量の水が湧き出している光景をネットなどで見て、一帯の余りの被害の大きさに言葉を失いました。

大妻多摩中高では9月17日と18日に学園祭である「欅祭」が開催されます。今年は岩泉町からの露店の代わりに、生徒会と後援会(保護者会)を中心に露店を開き、その売り上げを岩泉町役場にお送りする予定です。ご来場のみなさま、ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
谷林眞理子