大妻多摩中学高等学校

中学入学試験と震災対応についての基本方針

中学入学試験と震災対応についての基本方針

いよいよ中学入試が目前に迫り、受験生の皆さんは益々入試に向けて頑張っておられることと思います。

ところで、東日本大震災を教訓として、本校では協議の上、受験生の安全を確保することを第一とし、下記の基本方針をとっております。特に、1.に関しましては、東京私立中学高等学校協会と神奈川県私立中学高等学校協会の両協会が、受験生が安全にそして安心して受験できる体制を作ることを目的として東京、神奈川の全私立中学高等学校に協力を呼びかけたものであり、本校もその方針に賛同した次第でございます。

受験生の各ご家庭には、万が一の場合に備えて、ご一読をお願いします。

 

1. ほぼ全ての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような大きな地震が起こった場合には、東京都と神奈川県の全ての私立中学校・高等学校は、予定されている入試全てを中止し、東京私立中学高等学校協会と神奈川県私立中学高等学校協会からの連絡を待って、後日、一斉に繰り下げて再開することとなっております。

2. 軽微な地震および自然災害によって、早朝より下記交通機関の路線に影響が出ている場合には、次の通り本校の入学試験の時間を変更して対応します。

小田急線(新百合ヶ丘~唐木田間)・京王線(調布~橋本間)午前6時までに復旧した場合は、予定通り実施します。(8:50開始)午前7時までに復旧した場合は、1時間遅れとします。(9:50開始)

9:50~10:40 国 語  午後入試は予定通り ①15:30 ②15:50

10:55~11:45 算 数     に開始します。

12:00~12:40 社 会

12:40~13:20 理 科

午前8時までに復旧した場合は、次の通りとします。(10:50開始)

10:50~11:40 国 語  午後入試は予定通りに開始します。

11:55~12:45 算 数

   30分の休憩(この時間に軽食をとることが可能です。)

13:15~13:55 社 会

13:55~14:35 理 科

午前8時までに復旧しない場合には、改めて対応策を協議し、本校ホームページを通してご連絡します

3. 入学試験実施中に大地震が発生した場合には、監督教員が試験を中断し、受験生に机の下に隠れるよう指示した後、安全な場所に誘導いたします(控室の保護者の方も同様です)。受験生と保護者の方には、点呼確認後合流していただきます。その後、試験が再開できるか否かを判断します。万が一、保護者の方がいらっしゃらない場合には、おいでになるまで責任を持って受験生をお預かりいたします。本校には、毛布、食糧などの備えがあります。

大地震発生後の状況および対応については、本校ホームページでお知らせします。

大妻多摩中学高等学校

学 校 長 徳増 孝一