大妻多摩中学高等学校

受験生と保護者のみなさんへ

受験生と保護者のみなさんへ

大妻多摩中学高等学校
校長 徳増 孝一

1月20日(火)~29日(木)で出願です。いよいよ受験勉強にラストスパートをかける時期になりましたね。最後の最後まで、自分の力が伸び続けることを信じて勉強に取り組んでください。大妻多摩には、あなたが活躍できる場がきっとあります。そして、優しい先輩や熱心な教員が、充実した中学校生活を送りたいと願っているあなたとの出会いを楽しみに待っています。

あなたの人生の中で、中学入試というのは最初の大きな関門かもしれません。この関門を突破するにはそれなりの力が必要です。強い力は強い心から生まれてきます。楽しく元気よく大妻多摩で中学校生活を送っている自分を思い描きましょう。その夢があなたの心に強いエネルギーを与えるはずです。
これからますます寒くなりますが、健康には十分気をつけてください。あなたの健闘を心から祈っています。

 

《 諸注意・確認事項 》

① 受付の時間と保護者控え室のご利用時間について

  試験会場の受付開始時間は、午前入試は7時50分、午後入試は14時半です。保護者控え室は、7時に開場し18時頃までご利用になれます。
 保護者の方は、試験会場への入場はできません。 

② 入試に関する時間変更等の緊急連絡について

 天候・災害・交通事情等により、試験の開始時間等に変更がある場合には、当日の午前7時までに、HP(http://www.otsuma-tama.ed.jp)でお知らせします。
※ 携帯電話からもアクセスできます。

 

③ 携帯電話について

 キャンパス内への持ち込みは禁止にしておりませんが、試験会場(校舎内)での使用は休憩時間も含めてできません。必ず電源をOFFにしておいてください。

 

④ 受験会場(教室)での飲食について

 食事(軽食)などは控え室で済ませてください。受験会場では、休憩時間に水分を補給することは可能です。また、休憩時間に限り、のど飴などを召し上がっても構いません。
 なお、試験会場の自動販売機は使用できませんので、水筒などを持参されるとよいでしょう。

 

⑤ 遅刻・体調不良の受験生への対応

 交通事情などにより遅刻した受験生や、当日(試験中も含め)体調不良の受験生に対しては、別室で受験を行っています。事前にお分かりの場合には、必ずご連絡ください。
 ただし、試験開始後、15分以上遅刻した場合は受験できません。

 

⑥ 持ち物について

 受験票、筆記用具、上履きをご持参ください。また、算数の試験では、コンパスや定規などは使用いたしませんので、ご持参になる必要はありません。なお、各試験会場には電波時計が常設されています。腕時計等をご持参になる場合には、アラームはお切りください。

 

⑦ 筆記用具について

 解答用紙への記入は、黒の鉛筆(ことわざ・熟語などが書かれているものは不可)またはシャープペンシルのみの使用となりますが、問題用紙には蛍光ペン(マーカー)などを使用しても構いません。なお、下敷きは使用できません。

 

⑧ 防寒について

 すべての受験会場には、暖房が入っています。膝掛けなどは使用できませんが、ご心配な方は、ズボンなどご着用ください。

 

⑨ 十分な駐車スペースがないため、お車でのご来校はできません。