大妻多摩中学高等学校

2017年度 第30回 体育祭 閉会の挨拶

ごきげんよう。今日は一日お疲れさまでした。
つい先日まで今日の天気が心配されていましたが、無事予定通りに体育祭を終えることができて良かったと思います。

中学一年生にとっては最初の大妻多摩での行事であり、高校三年生にとっては大妻多摩で迎える最後の三大行事を終えたことになります。
皆さん、今日は最大限の力を発揮できましたか。
今年の体育祭は去年よりもまた練習期間が短く、第一回予行練習が中間考査終了後の翌日であったこともあり、少し慌ただしいものであったかもしれません。しかし、中間考査終了後から皆さんが早速朝練に取り組む姿を見て、体育祭に向けての熱意を感じ、とても嬉しく感じました。練習中に、思い通りにいかなくなったり、個人個人の思いがぶつかることもあったりしたかもしれません。それでも今日、皆さんがクラスで協力し合って頑張っている姿はとても素敵でした。

高校三年生のみんな、最後の体育祭、ダンスお疲れさまでした。
そしてダンス係のみんな、お疲れさまでした。何度も話し合いを重ねたり、朝練、昼練、放課後練をしたりと、高3のダンスがより良いものになるよう全力を尽くしてくれてありがとう。初めは、何回やっても振付が覚えられなかったり、移動の場所がわからなくなったりしてしまうことがあったけど、通し練習をするうちにダンスの練習をすることがとても楽しかったです。そして今日この晴天の中で、みんなで最後のダンスを踊れたのは本当に最高でした。

保護者の皆さま、本日は暑い中ご来校いただきましてありがとうございました。
また体育祭を行うにあたり協力してくださいました橋口先生、熊谷先生、川村先生をはじめとする諸先生方、下校時刻ぎりぎりまで準備し、最後まで協力してくれた総務をはじめとする体育委員のみなさん本当にありがとうございました。

私は、人前に立つと緊張して、上がってしまいがちなのですが、私は沢山の人の支えがあり、このように体育委員長としての仕事を務めることが出来ました。本当にありがとうございます。
今日の体育祭がみなさんの思い出となることを祈って、閉会の挨拶とさせていただきます。
今日一日お疲れさまでした。

体育委員長