大妻多摩中学高等学校

2016年度 第29回 体育祭 閉会の挨拶

今日は一日お疲れ様でした。
今年は雨の心配もなく無事体育祭を終えることができてよかったと思います。中学1年生にとっては大妻多摩での初めての行事であり、高校3年生にとっては6年間の集大成ともいえる行事でした。
みなさん今日まで練習してきた成果を最大限に発揮することはできましたか?例年に比べ練習期間も短く、限られた時間の中で一人ひとりが一生懸命練習に励んできたと思います。だからこそ、今日味わった悔しさや喜びはとても大きなものだったと思います。練習で上手くいかなかったり、ぶつかり合うこともあったと思いますが、今日このグラウンドでクラス一丸となって頑張っている皆さんの姿は、とてもキラキラと輝いていて素敵でした。この体育祭で築いたクラスの団結力をこれからに活かしていってほしいと思います。

高校3年生、最後の体育祭、ダンスお疲れさま!そして、ダンス係のみんな、高3のダンスをよりよいものにするために昼休みや放課後も残って話し合いを重ねてくれてありがとう。高2で初めてダンスの授業に入ったときは本当に初心者ばっかりの私たちに一から教えるのはとても大変だったと思いますが、最後まで一人ひとりと向き合ってできるようになるまでしっかり教えてくれてありがとうございました。昨日の練習をするまではいろいろ不安な点もあったのかなって思います。それが、今日の本番でダンス係が思い描いていたものに少しでも近づけていたら嬉しいです。

私は、すごい緊張しいで委員会で体育委員の前で話すのにも緊張してお腹が痛くなっちゃうようなとても頼りない委員長でしたが、今日まで体育委員のみんながついてきてくれてこのような素敵な体育祭になったことを嬉しく思います。
また、体育祭を開催するにあたり協力してくださいました橋口先生、熊谷先生、川村先生をはじめとする諸先生方、本日お忙しい中お越しくださいました保護者の皆さま、本当にありがとうございました。
この体育祭がみなさんの心に残る体育祭になったら嬉しいです。
以上で閉会の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

 

体育委員長