大妻多摩中学高等学校

クラブ活動-文芸同好会 最新情報(2013年7月14日)

平成25年7月14日(日)

 

《文芸同好会活動日誌「ビブリオバトル」》

ごきげんよう。文芸同好会です。
今回は私たちが今月行った活動について、ご紹介いたします。
皆様は「ビブリオバトル」を知っていますか?
ビブリオバトルは自分の好きな本を5分間で紹介し、チャンピオンを決めるプレゼンテーションのようなものです。
紀伊國屋をはじめとした多くの場所で行われており、夏休みにはこの部活でも希望制ではありますが見学に行きました。
今回、文芸同好会では時間を3分間に縮め、代わりに2分間の質疑応答の時間をとりました。
教壇に立ち、おのおのが発表を始めます。
なぜ紹介しようと思ったのか、なぜ読もうと思ったのか……部員たちが思い思いに語る本との出会い。
緊張した雰囲気があり、よい経験になったのではないでしょうか?
今回の発表に使われた原稿と本は、文化祭にも展示させていただきます。
以下が部員の紹介した本のタイトルと作者名です。
気になった本があった方は、是非手にとって見てください。
よりよい本との出会いがあるかもしれません。

 *ビブリオバトル第1回*

1.「ヘッドライン」今野敏
2.「レ・ミゼラブル」ヴィクトル・ユゴー
3.「悲鳴伝」西尾維新
4.「ソードアート・オンライン」川原礫
5.「オリンピックの雑学150連発」満薗文博
6.「からくり夢時計」川口稚幸
7.「怪物はささやく」パトリック・ネス
8.「群衆リドル‐Yの悲劇‘93-」古野まほろ
9.「魔導士の掟」デリー・グッドカインド
10.「三銃士」アレクサンドル・デュマ

ビブリオバトル

ビブリオバトル開始。

 

自分の一押しの本を紹介します。