大妻多摩中学高等学校

【校長室より】年末雑感:くじけない情熱をもって明るい未来へ!

イルミネーション_冬
校門のイルミネーション

12月19日(水)は高尾山の「ムササビ観察会」。総勢20数名の中高生が2名の引率教員とともに16:00に京王線高尾山口に集合し、薬王院境内でムササビの観察をしました。ほとんどの生徒が飛翔するムササビの観察が出来たとか。とても寒かったので早めに切り上げたそうです。都内に出るにはちょっと時間のかかる大妻多摩中高ですが(といっても新宿まで約30分)、このような野外活動や自然観察ができるのもわが校のよいところです。

ムササビ観察会2018
ムササビ観察会の詳細は
上記の写真をクリックしてご覧下さい

12月20日(木)、今日は終業式でした。例年より暖かな日が続いていましたが、さすがに12月も末になると唐木田は冬らしい寒さになります。教室は暖房が入っているから暖かですが、廊下や体育館は極寒です。年を越し、2月の入試の時期になると寒さがこたえます。毎年この時期の唐木田は都内より5度ほど、多摩センターより3度ほど気温が低くなるので、雪が降るとなかなか溶けません

私は中学の終業式に出席しました。今日は辻教頭先生の講話、落語好きの教頭の話は、いつ聞いても間の取り方がとてもうまく、そのなめらかな語り口に生徒も教員も聞きほれてしまいます。講話はアメリカでガソリンスタンドを経営していたハーランドさんの話。ハーランドさんって誰?と思うかもしれませんが、それは聞いているうちにわかってきます。不況のためガソリンスタンドの経営が不振になった時に思いついたのがレストランの併設。火災により閉店に追い込まれるなど様々な苦労を乗り越えたハーランドさんは、その後アメリカ中を回って忍耐強くレストランの売り込みをしたといいます。そのレストランで人気となった料理とはあの「フライドチキン」でした。おいしいレシピを全米に広めた功績で「大佐」と呼ばれた彼は、「カーネル・サンダース」(Colonel Sanders)として知られているのです。クリスマスにちなんだ「くじけない情熱」の人、ケンタッキー・フライドチキンのあの「カーネル・サンダース」がいかにして全世界で人気になったというお話でした。講話のあとは私がこの2,3か月で表彰された生徒たちの紹介をしました。


二学期は文化祭に始まり、作詞の谷川俊太郎さん、作曲の谷川賢作さんお迎えして11月8日(木)に開催した高校創立30周年記念新校歌発表会でハイライトを迎えましたが、文化面でもスポーツ面でも今年の秋は生徒たちは各方面で目覚ましい成績を挙げてくれました。

俊太郎氏1 新校歌発表1
谷川俊太郎さんと谷川賢作さん
(新校歌の視聴は上記の写真をクリックして下さい)

 
 
高円宮杯中学英語弁論大会全国4位(九州から北海道まで2000校以上の中の4位ですから立派です)、漢字検定二級合格東京都私立中学高等学校協会生徒写真・美術展特選、中高ラクロス部(コタッカーズ)全国大会出場権獲得、バトン部関東大会銀賞(高校は全国大会出場)中学テニス部新人戦3位など。表彰される生徒は中学全校生徒の温かい拍手を受けて、照れくさそうだけど晴れがましい表情を浮かべるいつもの表彰風景でした。
 

高円宮杯2018①
高円宮杯中学英語弁論大会の詳細記事は
上記の写真をクリックしてご覧下さい

 
終業式が終わると、1月に出発するターム留学の高1生徒15名に留学許可証を校長室で手渡しました。希望にあふれた15名は3学期の約50日間、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツにある7つの学校に分かれて勉強します。日本とは全く違った教育環境の中で、他の留学生と一緒に過ごす毎日です。大妻多摩でもこの秋オーストラリアとドイツから留学生を受け入れましたが、海外の高校では留学生は特別な存在ではありません。一般の生徒と同じ、わからないことがあれば自分で質問して解決していかなければ充実学校生活は送れません。留学を楽しめるかどうかはその人の姿勢ひとつです。15人全員が健康で楽しい留学生活を送り、将来の進路につながる何かをつかんで帰ってくることを祈っています。
 

2018年度ターム留学壮行会①
壮行会の記事は上記の写真をクリックしてご覧ください

 
夕礼後、生徒たちは体育館やグラウンドに部活動のために散っていきました。真夏でもないのに製氷機の前にはポカリの容器がたくさん並び、サッカー部の中学一年生が一生懸命氷を中に詰めていました。
 

サッカー部1年生:飲み物作りHP サッカー部1年生:ボール磨きhp
飲み物を作り、ボールを磨くサッカー部の1年生たち

 
「あなたたち1年生?」
「はい、そうです」
「ポカリを作るのは1年生の役目なの?」
「(大きな声で元気よく)はい!」

人工芝のグラウンドに出ると、中学生が数名、泥で汚れたボールを水洗いしていました。

「あなたたち何部の何年生?」
「サッカー部の一年生です」

下級生は大変なのですね。部員がしっかり練習できるように、中学一年生が陰で支えていたのですね。「あと少しですから頑張ります」と彼らは笑顔で元気よく答えてくれました。ちなみにサッカー部は高校生が中学生の面倒をとてもよく見てくれるそうです。だから中学一年生もがんばって準備をするのですね。どの部活でも上級生が下級生を指導してくれるところが中高一貫校の良いところだと思います。中学生の先輩に対する尊敬と憧れは半端なものではありません。(体育祭では○○せんぱ~い!!!と声援が飛びます)
 

ラクロス部 ラクロス部 (2)
ラクロス部
バトミントン部
バトミントン部
テニス部
バトン部 バトン部タウンニュース
バトン部

 

大妻多摩中高は広大な敷地の中にあり、グラウンドは大学と共用ですが3面あります。主に中高生徒が使う人工芝のグラウンドでは二つの部が同時に練習が可能です。また隣接しているトラックでは陸上部が、6面あるテニスコートではテニス部が練習しています。いつもは体育館で練習しているバドミントン部も今日はグラウンド脇で練習していました。今年の猛暑の夏を乗り越えるのは大変でしたが、このような恵まれた屋外のグラウンドがある中高は都内でも少ないのではないでしょうか。


 
12月21日。今朝は平成30年度スキー教室の見送りのために、7時前に多摩センター京王プラザホテル前に行きました。中1から高1まで約200人の生徒がバス5台に分かれて出発。行き先は長野県志賀高原一の瀬スキー場。24日までの3泊4日のスキー合宿では6つのレベルに分かれて練習します。ホテルの食事がなにしろおいしそうで、生徒も先生も楽しみにしています。
 

スキー教室1日目③ スキー教室1日目② スキー教室1日目①
スキー教室出発の様子

 
夕方からは多摩永山情報教育センターで行われている高2冬休み受験勉強合宿の激励に。24日までの4日間、朝8時半から夜9時50分まで毎日10時間以上の集中的勉強です。さ来年の入試本番目指して頑張れ!
 

IMG_20181221_190558996
永山での高2勉強合宿
詳細は上記の写真をクリックしてご覧ください

 
今年も残すところあと7日、後半に盛り上がりを見せた大妻多摩中高の平成最後の年末です。
穏やかな年の瀬、みなさま、どうぞ良い年をお迎えください。

校長 谷林眞理子