大妻多摩中学高等学校

【校長室より】12月8日は針供養の日

12月8日は針供養の日

針供養の日大妻学院の糸巻き柄をした「刺し子」のコースター

あと一枚になったカレンダーを見ていたら12月8日は「針供養の日」と書いてありました。そういえば、折れたり曲がったりした縫い針を豆腐に刺して神社やお寺に奉納して、縫い針に感謝するとともに裁縫の上達を祈る「針供養」の映像をテレビで見た記憶があります。
大妻コタカ先生は裁縫の先生ですから、さぞこの針供養の日を大切にしていらしたのだろうなと思いつつ自伝などを読んでみましたが、あいにくこの日についての文章は見つかりませんでした。

針供養は江戸時代に始まったそうですが、いまだにあちこちの社寺で行われているようです。といっても、どこのお寺でも良いというわけではありません。安産、子授け、裁縫の上達、人形の供養など、女性に関することに霊験あらたかな神である和歌山県の淡島神を祀っている社寺のみで行われているとか。東京ですと浅草の浅草寺が有名ですが、世田谷区の森巌寺、葛飾区の西光寺、江東区の富岡八幡宮、八王子市の雲龍寺、横浜市の岡村天満宮などでも行われているそうです。

12月8日に行うのは関西地方、関東や東北地方では2月の8日に行われるそうですが、東京でも12月8日に「針供養」を行う寺社もありますから、インターネットで調べてみると良いでしょう。 普通の豆腐の何十倍もある大きな豆腐に使い古した針を刺して、この日だけは針を休めて感謝の気持ちを表わすのだそうです。ちなみに今年浅草寺では、2月8日の11時から淡島堂で三宝に豆腐をのせて祈祷する大護摩供養を行うそうです。浅草寺といえばコタカ先生が生涯参詣を欠かしたことのないお寺として『ごもくめし』に書いていらっしゃるので、もしかしたら「針供養」にもおいでになったかしらと想像しました。

写真は家庭科の先生が作って下さった「刺し子」のコースター、大妻学院の糸巻きのデザインです。一針一針、針目が美しい!