大妻多摩中学高等学校

平成30年度 ターム留学(3学期のみの留学)壮行会

2018年度ターム留学壮行会①

 平成30年度ターム留学(3学期のみの留学)が新年1月から始まります。

 
今年度は、オーストラリアの姉妹校ブリジディーンカレッジ(Brigidine College)に加え、イギリス(Westonbirt School)、ドイツ(Berufskolleg Senne)、ニュージーランド(Marist College、Whangarei Girls’ High School、Hamilton Girls’ High School、Sacred Hearts Girls’ Collegeの4校)と、世界4カ国、7つの提携校へ、高校1年生総勢15名が3ヶ月間留学します。

提携している学校は、オーストラリア・イギリス・ニュージーランドは名門私立女子校、ドイツは公立共学校で、世界の多くの国々から留学生が集まります。生徒たちには、それぞれに異なる環境で、その国・その学校ならではの文化や伝統を感じながら、たくさんのことを吸収し学んできてほしいです。
 
2学期の終業式の日に、校長室で恒例の壮行会を行いました。谷林校長先生からは、留学許可証と先生自らもらいに行かれた「お守り」が一人一人に手渡され、激励の言葉がかけられました。生徒達には、大妻多摩生の代表としてだけでなく、日本の学生の代表としての自覚を持ち、一回り成長して帰ってくることを期待します。
 
後日、ターム留学生達が12月17日の留学前ガイダンスの日に作成した「出発前のメッセージ」を、いくつかこのホームページでご紹介します。1月の下旬からは順次、ターム留学生たちの現地からの英語と日本語によるレポートを、同様にこのホームページにてご紹介していく予定ですので、どうぞお楽しみに!