大妻多摩中学高等学校

【2018年度】第31回 体育祭 “Spark”

―勝利の道へ、火花を散らせ―

 
6月2日(土曜日)第31回大妻多摩中高の体育祭が開かれました。スローガンは“Spark”、その意味するところは「勝利の道へ、火花を散らせ」です。梅雨入り直前の土曜日ということで天気模様が心配されましたが、当日は素晴らしい晴天。人工芝グラウンドを吹き渡る風も心地よく、体育祭にふさわしい陽気となりました。
 

2018体育祭台風の目

 
4月に入学した中学1年生にとっては初めての行事です。全員参加の徒競走に汗を流したり、保護者や卒業生を交えての「大玉リレー」ではみんなで力を合わせて大きな玉をころがしたり、夢中になって上級生の応援をしたりしました。
 

2018体育祭大縄跳び

 
中学2年生の「ムカデ競争」と「玉入れ」、3年生の「唐木田渡し」と「綱奪い」、高校1年生の「大縄跳び」と「台風の目」、高校2年生の「ローハイド」と「乗り越えろ」など、赤、青、黄、白の4つに分かれて力いっぱい競い合いました。
 

2018体育祭ローハイド

 

そして圧巻は高3ダンスです。今年のテーマは「輪廻転生」。死から生への移り変わりを見事に身体で表現し、希望に満ちたダンスと表情は見るものを感動させました。高3の生徒にとっては6年間の集大成、全員が一つにまとまって素晴らしいパフォーマンスでした。
 

2018体育祭ダンス

 
ご来場の皆様、先生方、体育委員のみなさん、美化委員のみなさん、合唱部のみなさん、そして体育祭を盛り上げてくれた全校生徒のみなさん、ありがとうございました。


黄色組優勝おめでとうございます
 黄色組 優勝おめでとうございます!