大妻多摩中学高等学校

【留学便り】オーストラリア留学レポート④ from 米山さん

ごきげんよう。東京はもうすぐ桜が咲くころですね! 今回のレポートが留学最後のレポートになります。涼しくなるにつれてさみしさも増していきます。

Hello, everyone. In Tokyo, cherry blossoms will come out soon. I think this report is the last one in my study abroad. As it gets colder, the feeling of loneliness is increasing as well.

20180330オーストラリア4米山さん①

さて、オーストラリアは日本人が三番目に多く住んでいる国と言われています。バスの中でも電車を待っているときもよく日本人を見つけます。今の私の三番目のホストシスターのお母さんも日本人です。家の中では土足禁止と日本の習慣が取り入れられていますが夜ご飯はほぼセルフで外国らしいなあと思いました。ほかにも生活の中に日本とオーストラリアの文化が入り混じっていて不思議な感じがしました。お父さんはオーストラリアのメルボルン出身ですが、本当に外国人なのかと思うほど腰が低く素敵なホストファザーです。お父さんお母さん、ホストシスターと妹と日本人のおばあちゃんと五人で一緒に暮らしていますがおばあちゃんだけ英語が話せないそうです。なのでホストシスターたちが英語と日本語を交互に話して使い分けている光景を見るとすごいなあといつも感心します。ホストシスターたちはオーストラリアでの生活がずっと長いので日本語はやや片言でおばあちゃん以外とは英語で全て話しています。オーストラリアでは日本人だけではなくいろいろな国の人が住んでいます。ハーフも珍しくありません。私の友達で両親がベトナムの子がいますが、英語と両親の母国のベトナム語を話し、そして学校の選択科目で日本語を勉強していてとても驚きました。オーストラリアはとてもグローバルな国だということがわかりました。

Well, it is said that Australia is the country where the third largest number of Japanese live. I often find Japanese people even when I am waiting for a train or bus. My third host mother is also Japanese. In the house, we must take off the shoes which is a Japanese custom, but the dinner is self-style which is a western custom, I think. I felt interesting that the culture of Japan and Australia was mixed in the life. My host father is from Melbourne in south Australia and he is a lovely host father who is so modest. I felt if he is not from Australia. The family members are father, Japanese mother, host sister, her little sister, and Japanese grandma, living all together. However, Japanese grandma cannot speak English well. So, I always admire when the host sisters talk to their grandma alternatively between English and Japanese. My host sisters have had a long life in Australia, so they speak in English almost everytime. In Australia, people are from various countries, apart from Japan. Multiracial people are uncommon either. I have a friend who has parents of Vietnamese. She can speak English and Vietnamese of her parents’ native language and she is learning Japanese at school as an elective subject. I was surprised to hear that. I found that Australia is a very global country.

20180330オーストラリア4米山さん②

日本ではもうとっくに三学期が終わっていると思いますが、こちらはあと少しで一学期が終わります。今の時期は研究課題(アサイメント)と試験があり、学校のみんなはそれぞれ自分たちの課題に追われています。私は家庭科と音楽、理科、英語のアサイメントに挑戦しました。家庭科ではいくつかの技巧を使ってパッチワーク(写真)を作り、音楽では堀川さんと一緒にジャズの音楽のピアノ演奏を連弾しました。理科ではグループで実験を行い私はタイマー係で参加させてもらいました。英語は「有名人とは何か」についてパワーポイントを使ってプレゼンテーションをするという研究課題でした。私はみんなとは同じことはさすがにできませんでしたが、私に出された課題は日本の有名人についてショートスピーチをすることでした。私は 羽生結弦選手について英語でスピーチををしました。スピーチをする前に先生に何度か添削を入れてもらい、発音練習は友達に繰り返し教えてもらいました。とても緊張しましたがゆっくり焦らず丁寧に発表することができて、終わった後は大きな拍手をもらってやってよかったなあと思いました。オーストラリアの子たちは日本人の私たちと違って大きな声で時にはジョークを交えたりととても堂々とした発表をしていて私は圧倒され、日本人は見習わなければならないと思いました。これも文化の違いなんだと発見することができました。

I think the third semester has already finished in Japan, but the first semester will end in a little while here. This time is for assignments and exams for each subjects, and everyone is pressed for the time for their tasks. I challenged home economics, music, science and English assignments. In home economics, I made patchwork using some techniques, and in music I presented a piano performance of jazz music with a duet with Ms Horikawa. In science, I conducted experiment in groups as a timer staff. The topic of English class was making presentations using PowerPoint on what celebrities are. I couldn’t do the same as other students did, but my assignment was to make a short speech about Japanese famous people. By the way, I talked about Yuzuru Hanyu in English in front of everyone. Before making my speech, I had my English teacher correct it a few times and my friends correct my pronounciation. I was very nervous, but I was able to perform carefully and slowly. This speech became my good experience. Most of Japanese might become shy in that situation but everyone in Brigidine was performing magnificently and sometimes telling a joke. I was overwhelmed, and I thought we must follow them.

20180330オーストラリア4米山さん③

最近は10、11年生(高校1年2年)の日本語の授業に参加させてもらっています。みんなアサイメントの課題に取り込んでいてこの文があっているかチェックしてと言われて少し訂正するとその理由を大抵聞き返されます。英語で日本語を説明することは普通の会話よりも難しいことに気づかされました。でもみんなが楽しそうに日本語を勉強している姿を見るととてもうれしい気持ちになります。日本をもっと好きになってほしいなと思いました。

Recently, I am joining Japanese classes of grade 10 and 11. Everyone is working on Japanese assignment and I’m checking them. When I correct sentences, they usually ask me the reason. I noticed that explaining Japanese in English is so difficult. But, I feel nice because everyone is studying Japanese happily. I would like them to like Japan more.

先日、ホストファミリーと一緒にハイキングに行きました。オーストラリア用語ではハイキングをブッシュウォーキングと言うそうです。ホストファミリーと会話をしながらマウントクーサというブリスベンの町が360°見渡せる山に登りました。私は日本ではあまりハイキングや山登りはしないので自然豊かな森の中を歩けて楽しかったです。頂上は観光客で少し混んでいましたが、眺めは最高にきれいでした!

The other day, I went hiking with my host family. In Australia term, people call hiking “bush-walking”. I climbed the mountain called Mt Coot-Tha while talking and we could overlook the Brisbane city with 360 degrees. I don’t often go hiking and climbing mountain in Japan, so I enjoyed hiking and the nature. The summit was a little crowded with tourists, but the view was very beautiful!

20180330オーストラリア4米山さん④
Yoshiko先生と

約二か月の留学生活がもうすぐで終わります。毎日が一瞬に感じましたが、その中でたくさんの出会いや思い出を作ることができ、どの日々も忘れられないものになりました。
苦労したこともあり、まだまだ自分の英語力を高める必要があることも身をもって知りました。しかし、Brigidineでの学校生活、ホストファミリーとの日常生活は私にとってとても意味のある貴重な経験になったことだと思います。またいつかオーストラリアに行ったときに難なく英語が話せるようにこれからも頑張ります。最後にこのような機会を与えて下さった学校、先生方、応援してくれた家族、友達、現地で支えて下さったYoshiko先生、Fukushima先生、Brigidineで楽しい時を過ごさせてくれたバディーと友達、そして私を受け入れてくれたホストファミリー、全ての人に感謝の気持ちを忘れず最後の一週間を全力で過ごしたいと思います。ありがとうございました。

The study abroad life of about two months will be over soon. I felt every day has passed instantly, but I was able to make lots of encounters and memories and the every day became unforgettable. I had difficultly, and I knew that I still need to study English. However, I think the school life at Brigidine and the daily life with host families are valuable and meaningful experiences to me. I will continue to do my best because I want to talk in English with friends fluently when I come back Australia someday. Finally, I really appreciate to my school and teachers that gave me such a wonderful opportunity, my family and my friends who rooted for me, Ms Yoshiko and Ms Fukushima who supported us in Australia, my buddies and friends who had a great time with at Brigidine, and my host families who accepted me. I’d like to spend the last week with full of effort without forgetting gratitude to everyone. Thank you very much.