大妻多摩中学高等学校

【教員つれづれ草】第244段

内閣改造があった。私は安倍内閣の熱心な応援者ではないが、今回の改造は少し期待したい。いわゆる「お友達」ではなく、自らに批判的な人も大臣に登用している。

思想信条が同じ人ばかりを集めた内閣では、客観性もなくなり周りが見えなくなってしまう。お気に入りである女性大臣の不手際は、その結果の表れだろう。

女性首相はいまだに誕生していないが、お気に入りを「日本初の女性首相」にしようと目論んだこと(これは推測だが?)が無理の始まりだったのではないか。

自らに批判的であってもはっきり直言する「女性」こそ、「予測困難な未来社会」には必要だろう。

総務大臣のこれからの姿が、女性の活躍に新たな光をともすようになれば素晴らしい。あくまで、女子教育に携わる一教員のつぶやきである。

井の中の高野聖