大妻多摩中学高等学校

5月16日(土) 大妻学院4校合同 中学帰国生入試 ロンドン説明会

ご挨拶

2015London_setsumeikai014月、新年度を迎え、新たな出発、新たな出会いの季節となりました。新5、6年生となられた皆さん、いよいよ進むべき中学校を決めていく年になりましたね。これからたくさんの学校を訪問して、自分に合う学校を探していかれることと思います。ぜひ大妻多摩にもおいでください。四季折々の美しさが自慢の一つなので、一度と言わず何回かおいでください。季節ごとに異なる美しさが味わえる説明会の中で、きっと本校のことを気に入って下さると思います。

 

 

 

大妻学院4校合同 中学帰国生入試 ロンドン説明会について

2015London_setsumeikai02昨年度の説明会から予告をして参りましたが、大妻多摩では来年度、2016年度入試より3つの中学入試を新設します。「帰国生入試①と②」、そして「国際生入試」です。大妻多摩は、大妻コタカによって100年以上前に開学された伝統ある女子校の系列校です。共学になることはありません。そこで、国際化の進む時代にこの3つの新しい入試を始めることで、女子校というモノトーンの中に多様性を取り込みたいと考えております。「多様な背景を持った生徒の集まる、さらに活気と可能性のある学校創り」をめざして改革を進めていきます。尚、この新設の3つの入試については、このホームページの「受験生の方へ」のページにある「中学入学試験」のページで詳しくご覧になれます。
本校が帰国生入試を始めることで、大妻学院の系列4中高全てが帰国生入試を実施することになりました。そこで、今年5月16日(土)にイギリスのロンドンで、4中高合同で帰国生入試の説明会を行うことが決定しました。昨年2014年2月に、4中高合同で大妻教育と女子教育の可能性を考えるシンポジウムも開催しましたが、数ある私立女子校の中で、4つの中高が共同でこのような発信を行っているのは大妻だけです。国際化と女性の社会進出が求められる時代であるからこそ、大妻も世界を視野に様々な取り組みをしていく時代となりました。大妻コタカは常々、「よき社会人として社会に貢献する女性になりなさい。」と言っていましたが、皆さんが活躍する社会は、まさにグローバル、つまり「世界」が舞台なのです。大妻多摩は、伝統の女子教育を継承しつつ、時代と共に進化する学校でありたいと考えております。

 

 

 

     《 ロンドン説明会の詳細 》
○開催場所: イギリス、ロンドンのJOBA Acton 校 と Finchley 校
○開催日時: 2015年5月16日(土)
JOBA Acton 校 13:30~
JOBA Finchley 校 16:30~
○内  容: 大妻教育とは / 大妻4中高 その特色と帰国生入試について
○ご 予 約: 下記の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてご登録ください。
・Acton教室       : お申し込みはこちら
・Finchley教室    : お申し込みはこちら
(受付締切:5月15日(金)23:59)

 

 おわりに ~帰国生入試導入までの本校の取り組みと現状~

2015London_setsumeikai03
2015London_setsumeikai04

この帰国生入試と国際生入試は、国際化の進む時代に対応すべく、大妻多摩が取り組んできた数年間の改革と同じ機軸にあります。本校では、2010年にオーストラリアのブリスベンにある私立女子校、ブリジディーンカレッジと国際交流を始め、2013年3月に姉妹校提携を結びました。2014年には高校1年生(選抜)を第3学期のあいだ同校へホームステイ留学する「留学費用のかからないオーストラリア、ターム留学制度」へと発展しました。今年の9月には、日本語を選択しているブリジディーンの生徒を、本校生徒のご家庭にホームステイでお引き受けします。さらに2016年1月より、このオーストラリアへのターム留学制度に、アメリカのハワイにある Sacred Hears Academyとイギリスのウースター州にある Malvern St. James が加わり、世界3つのエリアへのターム留学制度に拡充されます。
これ以外にも、他国の学生とインターナショナルクラスで学ぶ、英語学習中心のイギリスセミナーは20年以上継続しております。他方で、イスラムとアジアの文化に触れる、異文化体験中心のトルコセミナーも2013年に始めました(いずれも中3~高2生対象、希望制)。そして、これらの国際プログラムを支える英語教育については、最新のCALL教室、ICTを活用して、「受験英語を超える総合的、実践的な英語教育」を行ってきました。今年、CALL教室2と3が改修され、タブレットを使ったアクティブ・ラーニングを取り入れた英語教育も可能となり、主体的・活動的・協同的な英語教育を目指して、さらに教育内容のグローバル・スタンダード化を図ります。

2015London_setsumeikai05大妻多摩では、これまで帰国生入試は行ってきませんでしたが、ここ数年間、各学年に10名前後の海外生活体験者が在籍してきました。1学年160名の小規模校でアットホームなムードが校風ですので、帰国生入試を始めるといっても、「帰国生だけのコース」を設定したり、帰国生のみを対象とする「取り出し授業」は行いませんが、海外生活体験者の生徒たちが、長年に渡って本校でしっかりと勉強し難関大学に進学しておりますので心配はいりません。多様な生徒が集まり、お互いの個性を見出し、それを尊重し、助けあい、高めあう関係を作る中で、学校全体を活性化させていきます。ご賛同いただけるようでしたら、ロンドン説明会にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。