大妻多摩中学高等学校

『研究実践紀要』第二号が発刊されました

大妻多摩中学高等学校の『研究実践紀要』第2号が発刊されました。この紀要には論文、授業研究、在外研究報告、部活指導報告、研究報告、実験、観察など、幅広く先生方の研究広告を掲載していく予定です。図書館に置いてありますのでご覧下さい。

第二号には、大竹麗央先生の「和算における累円術と現在の中学・高校数学」、村上晴彦先生の「高等学校『世界史B』における『現代文B』 教材を使用した歴史的思考力養成の試み」、山根千明先生の「英語のライティング能力を伸ばすためのICT活用案」という3点の論文が掲載されています。

なお、「発刊の辞」は以下よりご覧いただけます。

大妻多摩中学高等学校『紀要』発刊の辞 校長 谷林眞理子

<<第一号の内容はこちら>>